2009年10月19日

PEMA 賞味期限の謎

先日、買った(10月14日)私のプンパニッケルですが

賞味期限が 2010.12.28 でした。

1年以上あるexclamation&questionexclamation&question

おかしいぞ・・・と思って、輸入元の

株式会社ピボット・イン・ジャパンさんに

問い合わせてみました。

とてもとても丁寧なご回答をいただきました。
以下回答を簡単にのせます。


・通常、製造日より12ヶ月の賞味期限を設定し流通している。

・日本国内における注文集中及び欠品により、急遽航空便にて輸入したものであったため、
製造される季節や販売される地域、輸送手段等を考慮し、ペーマ社の食品保存試験データに
照らし合わせた結果、通常より長い15ヶ月の賞味期限が設定されている。
(こちらが流通するのは非常に稀なケース)

・因みに、通常設定の賞味期限=12ヶ月は、ペーマの全粒粉ドイツパンが流通している
国・地域の中で年間を通し最も高温多湿の環境であるシンガポールを基準にして設定されたもの

・当製品はペーマ社独自の滅菌方法によって12ヶ月以上の長期保存を実現している。
パンを包み込んだ脱気された状態の内袋を高温処理などをすることにより滅菌し、保存性を
高めている。逆に何らかの理由により内袋に穴が開いたり、外気が侵入する状態になると
数日中にカビが発生してしまう。

・実際の保存可能期間としては、個々の保存状態に少なからず影響を受けるので一概には
判断できないが、直射日光や高温、急激な温度変化を避けて正しく保存できれば、開封前の製品
ならば記載された賞味期限までは十分に保存可能。

しかし、全粒粉ドイツパンのよりフレッシュな美味しさをお楽しみ頂くためにも、
賞味期限にかかわらずお早めにお召し上がり頂くことをお勧めします。


とのことでした。

なるほどね〜。今は、やっぱり、爆発的な人気になっているんですね〜。

だから、日本用に作ったため15ヶ月の賞味期間になったんですね。

しかも、賞味期限の基準が、シンガポールだと言うことに驚きました!

そして、シンガポールより、日本は日持ちするってことですね♪よかった。



今度は、開封後の保存方法について質問をしてみました。

近々、アップします。
posted by れいりー at 00:07| れいりーの食べレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。